経営コンサルティング事業 FPコンサルティング事業 情報システム事業 研修・会員事業 M&A事業 調査・研究事業
市場調査、事業動向調査など業務展開に必要な情報をご提供します。
 
1.マーケティング支援
市場調査、エリア分析、消費者アンケート調査、ヒアリング調査、競合分析などの調査により、問題解決や
戦略決定を支援します。
 
2.アンケート調査
各種アンケート調査の提案段階から調査票設計、アンケート調査実施までお手伝いします。
また、最新の分析ツールによりアンケート調査による問題解決を支援します。
 
実績一覧(受託調査)
受託調査の実績をご紹介いたします。
受託年月 業  務  名 発 注 先
2010年 6月 平成22年度 体力・運動能力調査結果の集計業務 広島県教育委員会
2010年 6月 マツダスタジアム来場者動向調査業務 広島市都市活性化局
2009年10月 新アクション・プラン用アンケート調査業務 広島県警察本部
2009年 8月 広島市情報化基本計画 改定支援業務 広島市企画総務局
情報政策部
情報政策課
2009年 4月 平成21年度 「基礎・基本」定着状況調査等に係る集計等の委託業務 広島県教育委員会
2008年 6月 平成20年度 広島県政世論調査業務 広島県総務局
秘書広報部 広報公聴課
行政情報室
2008年 6月 平成20年度 体力・運動能力調査結果の集計等業務 広島県教育委員会
2008年 4月 「基礎・基本」定着状況調査等に係る集計等の委託業務 広島県教育委員会
2008年 1月 商業環境の変化に対応できる共同店舗づくり (協組)東広島ショッピングモール
 
研究員レポート
ワイエムコンサルティング 調査・研究事業部の研究員レポートをご紹介しています。
レポート名 発行年月 概  要
                 
新入社員の理想の上司は,お笑い・タレント型?俳優・女優型?
−平成24年度新入社員意識調査より−
 詳細
2012年6月 新入社員316人のアンケート調査を素材にして,第1に,求人倍率の高かった平成20年(2008年)と求人倍率が急落傾向にある本年平成24年(2012年)の調査を比較することで, 好況期と不況期の新入社員の仕事に対する意識の違いを分析する。第2に,新入社員の理想の上司を類型分けし,新入社員のライフスタイルや仕事に対する姿勢の傾向を分析する。
新入社員は就職型?就社型?
−平成23年度新入社員意識調査より−
 詳細
2011年6月 新入社員272人のアンケート調査をもとに,第1 に,求人倍率の高かった平成20 年(2008 年)と求人倍率が急落傾向にある本年平成23 年(2011 年)の調査を比較することで,好況期と不況期の新入社員の仕事に対する意識の違いを分析する。第2に,「就職型」と「就社型」の分類と意識の違いを分析し,それぞれのモチベーションアップを図る方策を検討する。
景気変動による新入社員の意識の違いは?
−平成22年度新入社員意識調査より−
 詳細
2010年6月 新入社員272人のアンケート調査をもとに,第1に,求人倍率の高かった平成20年(2008年)と求人倍率が急落傾向にある平成22年(2010年)の調査を比較することで、好況期と不況期の新入社員の仕事に対する意識の違いを分析した。第2に,新入社員の将来のキャリアアップの意識を分析した。
広島都市圏は本当にオーバーストアか?
−小売店舗の地域分析による検証−
 詳細
2010年4月 検証方法は,広島都市圏を地域別に修正ハフモデルによって,買い物に来る人口の量的把握をすることで,市場規模に余力があるのかないのかを測定である。その結果,「広島都市圏はオーバーストアではない」という結論を得られた。東区,西区,安芸区には今後出店可能な市場規模があることが明らかになった。
新入社員をやる気にさせるものは何?
−平成21年度新入社員意識調査より−
 詳細
2009年7月 平成21年度新入社員273人のアンケート調査をもとに、モチペーションモデルにより決定木分析を行った。新入社員のモチベーションの阻害要因となる「仕事への不安」「コミュニケーションに対する不安」を取り除くためには,@知識や技術を徹底的に教えるA職場のコミュニケーションルールを教えるB満足のループを作り出す,ことが必要であることを明らかにした。
子育てを取巻く環境
−平成20年度広島県政世論調査より−
 詳細
2009年3月 家計調査のデータを利用して、食料費・教育費・教養娯楽費についてエンゲル関数を用いて弾力性を計測した。
教育費は1990年代から2000年代にかけて所得格差が広がっていることと、教養娯楽費は弾力性が所得に対して普遍であることを明らかにした。
新入社員をやる気にさせるものは何?
−平成20年度新入社員意識調査より−
 詳細
2008年7月 新入社員266人のアンケート調査をもとに、モチペーションモデルにより決定木分析を行い、高卒新入社員では入社時の目的意識や意欲を持続させること、大卒新入社員では自己の能力や技能をキャリアパスの中で明確にしてやることが、モチベーションアップにつながることを明らかにした。
商業激戦区・東広島市のマーケット分析
 詳細
2008年4月 東広島市のマーケットを小売業の視点で分析し、立地の可能性を小商圏に分けて検討した。
若者の雇用を考える
−地域におけるニート問題を中心として−
その3
 詳細
2007年1月 労働力人口減少が地域経済にとってマイナスであり、その中心である若者の雇用は社会に将来的に格差をもたらし、企業にとっては若者の雇用育成が競争力の源泉であることを明らかにした。
詳細ページをご覧いただくためには、AdobeAcrobatReaderが必要です。
このボタンでダウンロードしてからご覧ください。
Acrobat Reader ダウンロードAdobe PDF logo

経営相談・各種研修・システム構築 ワイエムコンサルティング株式会社